konchangakita

KPS IoT(旧Xi IoT)を一番楽しんでるブログ 会社の看板を背負いません 転載はご自由にどうぞ

VS Code で Azure CLI してみる

せっかく Azure のお勉強をしはじめたので、Azure Cloud Shell のコマンドを VS Code から実行できる環境を作ってみたいとみたいと思います

Azure Cloud Shell は、通常 Azure ポータル上で実行する CLI のやつです
f:id:konchangakita:20210730123854p:plain:w400

Windows に Azure CLI をインストールする(Windows版)

まずは VS Code を使う マシン に Azure CLI をインストールします

MS公式のココの手順に沿っていきます
Windows での Azure CLI のインストール | Microsoft Docs

1.まずはインストーラーをダウンロードして

f:id:konchangakita:20210729222746p:plain:w350

2.実行してインストール

今回のファイル名は 「azure-cli-2.26.1.msi
f:id:konchangakita:20210729223932p:plain:w200 f:id:konchangakita:20210729223944p:plain:w200

5分くらいでインストールは完了しました

3.Windows で Azure CLI の実行

これで Azure CLI が実行できる環境が整ったので、コマンド実行を試してみましょう

Windows Terminal(PowerShellでよい)から Azure ログイン

PS > az login

するとコマンドを実行すると、ブラウザが立ち上がって Azure のアカウントを求められます
f:id:konchangakita:20210729232609p:plain:w300 
    ↓   ↓   ↓
f:id:konchangakita:20210730124358p:plain:w300

ログインすると、Azure CLI ドキュメントページにリダイレクトされつつ
Azure コマンド ライン インターフェイス (CLI) - 概要 | Microsoft Docs

コマンドライン上でもログイン情報がつらつらと出てきます
f:id:konchangakita:20210729233017p:plain

サブスクリプションが複数ある場合、まず切り替えてみます
サブスクリプションを確認して

> az account list --output table

f:id:konchangakita:20210730130409p:plain

切り替える

az account set --subscription "サブスクリプション名"

これで、Windowsローカルマシンから Azure CLI が実行できる環境が準備できました
続いて、VS Code から Azure CLI していきましょ

VS Code で Azure CLI

VS Code拡張機能を追加していくことで、Azureアカウントと連携して、VS Code上から Azure CLI が実行できるようになります

Azure アカウント連携

まずは、VS Code に「Azure Account」の拡張機能をインストール
f:id:konchangakita:20210730142229p:plain


これで、Auzre へのログイン、サブスクリプションの切り替えはすべてGUIで行う事ができます

コマンドパレット [F1] - [Azure Sign in] すると PowerShell で az login を実行したのと同じ感じでブラウザが立ち上がりログインするアカウントを選択します
f:id:konchangakita:20210730142634p:plain


サブスクリプションの切り替えは、アカウント選択後、画面下の 「Azure: アカウント名」をクリックするとサブスクリプションを選択できます。楽チン!
f:id:konchangakita:20210730150840p:plain

Azure CLI拡張機能

VS Code 自体に PowerShell ターミナルがついているので、もちろんそこで「az ~~」って、コマンドを打ち込んでも良いわけですが、せっかくの高機能エディタなので便利に使ってみます

Azure CLI Tools拡張機能をインストールします
f:id:konchangakita:20210730202752p:plain

新しくファイルを開いて、何か Azure cli コマンドを記述して「Azure CLI scrapbook」形式で保存します
f:id:konchangakita:20210730214802p:plain:w500

そうするとコマンドパレットに Azure CLI メニューが 増えています
 ・Azure CLI: Run Line in Terminal - ターミナル内で実行して表示
 ・Azure CLI: Run Line in Editor - 別画面のエディタに実行結果を表示
 ・Azure CLI: Toggle Live Query - ちょっとよくわかんない
f:id:konchangakita:20210730204414p:plain

はじめは、コマンドラインで直打ちでええやんと思ってましたが、コピペとか考えたり、エディタに出力結果が出るのって結構良いです


さいごに

まだまだ Azure Cloud Shell はなんだかメンドクサイイメージあったのですが、これならいろいろ試しながら使えるので捗りそう