konchangakita

Xi IoTを一番楽しんでるブログ 会社の看板を背負いません 転載はご自由にどうぞ

【Xi IoTで映えるデモがしたい 第4回】Xi IoT Edge OSのインストール for AHV

Xi IoTポータルで管理するEdge OS(Nutanix用語でSevice Domain)のインストール方法は大きく分けて2種類あります
NutanixのHCI専用に作り上げたハイパーバイザであるAHV上にデプロイする方法と
対応するHWへベアメタルでインストールする方法です

今回はAHV上への デプロイ方法をご紹介

 

ベアメタルインストールの方法はこちらへ
【Xi IoTで映えるデモがしたい 第5回】Xi IoT Edge OSのインストール for Intel NUC その1 失敗編

 

公式資料はNutanixサポートポータルで入手できます

AHV用にはqcow2形式で提供されるので、AHVのイメージサービス機能を使用します 


image_service
AHVイメージサービス

 

そのままAHV上でEdge OS(Sevice Domain)をデプロイします
公式資料によると"8vCPU, 6GB Memory, " に設定しましょうとのこと
素直に進めます



vm_deploy
AHV VMデプロイ
 

ここでひとつテクニックをご紹介
AHVでVMをデプロイする際にCustom Scriptを仕込むことができます
ここでcloud-initを使ってSSH公開鍵を設置することで、本来はログインできないようにロックされているService Domainにログインできてしまいます

※良い子は本番環境では使わないこと

 

cloud-init
cloud-init設定



SSH鍵生成(接続元のクライアントから)

# ssh-keygen -t rsa -b 4096

何も指定しなければデフォルトでここに作られます
 設置場所:~/.ssh/
 秘密鍵:id_rsa
 公開鍵:id_rsa.pub

 
Customスクリプトへの記載方法

#cloud-config
users:
- name: <i>user名</i>
groups: wheel
shell: /bin/bash
sudo: ['ALL=(ALL) NOPASSWD:ALL']
ssh-authorized-keys:
- ssh-rsa AAAAB3NzaC1yc2EA~~~~~<i>id_rsa.pubの内容</i>~~~~~

 

sshログイン

ssh -i .ssh/id_rsa <i>user名</i>@<i>192.168.xxx.xxx</i>

 

Xi IoTポータルへの登録に続く